日焼けしてしまった場合のおすすめ肌ケア

太陽がある限り、紫外線を完全にシャットアウトするというのは不可能に近いですよね。それでなくてもUVケアを怠ったばっかりに、ついうっかり日焼けしてしまうことも少なくありません。

このページでは、日焼けした肌に対して最低限どんなケアをすべきなのかをご紹介しています。

日焼けした肌にはアフターケアが必須

うっかり日焼けしてしまっても、わざと日焼けしていてもアフターケアはしっかりしなければなりません。なぜなら、肌は紫外線を浴びることで軽い火傷を起こしている状態。

もし、火傷をしてしまったらなんらかの応急処置を行うもの。それを同じで日焼け肌にも応急処置が必要なんです。

「もともと肌は丈夫だし、荒れているように見えない」と感じても日焼け後にしっかりアフターケアをしないでいると、肌荒れを起こすこともあるので注意してください。

では、具体的にどのようなアフターケアをすべきなのでしょうか?次で詳しく説明していきますね。

火照った肌をクールダウンさせる

やけどした場合も、まずは患部をしっかりと冷やしますよね?それと同じで日焼けした肌も冷却することが必要です。

お風呂で冷水シャワーを当てるのが一番やりやすい方法ではないでしょうか?ただし、日焼けした肌はデリケートなので、水圧の強いシャワーだと肌へ負担をかけることになるので注意してくださいね。

赤みが強い日焼けの場合は、日焼け当日は熱めのお湯に入るのは避けておかなければ、炎症を長引かせる原因になります。

クールダウンさせた後も、タオルでゴシゴシ拭くのではなく水分を吸い取るようにしてくださいね。

水分をたっぷり与える

しっかりとクールダウンさせた後は、肌にたっぷりと化粧水をつけましょう。なるべく刺激のすくない無添加系のローションを使うように。

日焼け肌を白くしようと美白化粧品を使う人がいますが、美白成分には刺激の強いものもあるので、日焼けで炎症を起こした状態の肌ではしみることがあります。

ですので、美白化粧品を使う場合は炎症がある程度赤みが治ってからにしましょう。

また、肌だけでなく身体にも水分を補いましょう。日焼けすることで身体の水分も蒸発していますので、水やお茶などをいつもより多めに飲むよう心がけて。

保湿も忘れずに

化粧水をしっかり補給した後は、乳液やクリームで蓋することもお忘れなく。

日焼けした肌は水分が抜けて乾燥しやすくなっています。乾燥は肌の回復力を妨げてしまうので、水分補給と合わせて行うことが大切です。

ワセリンを塗ってラップで包み込んであげると、保湿力をキープできます。

美白効果のある成分を食べる

日焼けしてしまうと炎症が治るまで、美白化粧品の使用は避けるのがベター。しかし、美白作用のある食品を食べて身体の内側からケアすることは、日焼けした当日でも可能です。

美白効果のある栄養素といえば、ビタミンC・ビタミンE・鉄分・フィトケミカルが挙げられます。

ビタミンCは日焼けの元であるメラニン色素の生成を抑えて、コラーゲンの原料となる成分。また、ビタミンEには肌の回復を早める働きがあり、シミが作られるのを防ぐ働きがあります。相乗効果が期待できるので、できることならビタミンCとビタミンEは一緒に摂るのがオススメ。

ビタミンCをたくさん摂取しても日焼け肌が解消されない場合には、鉄分不足が原因かも?鉄分には、紫外線によって発生する活性酸素を除去するカタラーゼと呼ばれる酵素を作るために必要不可欠な成分なんです。

βカロチンやリコピンなどのフィトケミカルも日焼け肌のケアには欠かせない成分。フィトケミカルが持つ高い抗酸化作用によって、紫外線で生じた活性酸素の働きを抑えることができます。

思った以上に日焼けしてしまったら、これらの栄養が含まれた食品を食べるよう心がけましょう。食品が難しければ、手軽に栄養を補えるサプリメントでも構いませんよ。

いかがですか?

日焼けした肌には、冷す・潤す・保湿するの3つの処置が大切です。できることなら、日焼けしたその日に対処することで健康的な肌を維持することができますよ。

また、肌色を戻したいからといって慌てて美白化粧品を使うのは厳禁。肌の状態が落ち着くのを待ってから使うようにしましょう。どうしても今すぐ美白したいのであれば、美白作用のある食品を食べるという対処法がありますので、そちらから実践していきましょう。

注意すべきは、新たな日焼けを作らないこと。

日焼けした肌に紫外線が当たることで、更なる肌ダメージを受けて回復するのに時間がかかってしまいます。日焼け止めクリームはもちろん、帽子や日よけ傘などで紫外線が直接当たらないように心がけましょう。

脱毛サロンに通っている間は日焼けNGって本当?

日焼けした肌は脱毛NGの理由

脱毛サロンで施術をする人が増えていますが、施術が断られるケースがいくつかあることを知っておきましょう。

その一つが、日焼けです。

日焼けをしていると脱毛サロンで施術を受けれない理由

脱毛サロンで主流となっている光脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を使用しています。

その光を照射することによって、皮膚の中にあるメラニン色素の多い毛や毛根にダメージを与え、脱毛効果を得る仕組みになっています。

ですから、日焼けをしている肌も黒いものと反応してしまい、やけどのリスクが高まってしまうのです。

やけどを避けるためには、出力を低くする必要があります。出力を低くすれば、脱毛効果も低くなってしまいます。

つまり、施術する意味が薄くなってしまうのです。また、肌が乾燥していることで、痛みを強く感じやすくなります。

施術を受けている間も日焼けは基本的にNG

そして、施術をした後も日焼けを避ける必要があります。肌が乾燥していると、照射パワーが毛穴の奥まで届かなくなり、効果が半減してしまいます。

また、日焼けは軽いやけどをしているようなものなので、とても敏感な状態です。敏感な肌に光を照射することで、肌状態を悪化させてしまう可能性があります。

ディオーネなら、日焼けした肌でも脱毛の施術を受けれる!?

このように、日焼けをした肌では施術を断られることが多いのですが、脱毛サロンのひとつ、ディオーネの場合は、日焼けした肌でも施術が可能となっています。

その理由は、ディオーネで採用されている方法が、黒い色素に反応させて効果を得る仕組みではないからです。

ディオーネのハイパースキン脱毛の仕組みは、毛の種を消滅させて発毛そのものを予防するものです。熱を持たせて毛根にダメージを与える方法ではないので、痛みも少なくなります。

これによりディオーネでは、肌ダメージもなく、痛くない、敏感肌の人でも、子どもでもできる脱毛施術を実現しています。

ただ、ディオーネでも、日焼けの直後は肌ダメージが大きいので、施術するのは避けたほうがよいと促しています。

施術中は、できるだけ日焼け対策をしておくことが望ましいといえます。

ハワイに行くなら日焼け対策は必須

ハワイに行くなら、日焼け対策は万全にしないといけません。

日焼けはシミやそばかすの原因となるだけでなく、実はしわやたるみの原因となるとも言われているからです。

必須の日焼け止めを選ぶ際の基準は?

まず絶対に欠かせないのが日焼け止めです。真夏のハワイともなるとウォータープルーフでSPFが50以上のものを選びましょう。

ウォータープルーフだからといって安心するのはいけません。

汗をかいて流れ落ちることもあるので、汗をかいたらこまめに塗りなおすことです。

気になる人はアームカバーや帽子も忘れずに

また屋外に出る時は帽子やアームカバー、サングラスなども使いたいところです。

ただ、せっかくハワイに来たのだから、薄着で楽しみたいという場合、アームカバーは使えません。そうなるとやはり日焼け止めのこまめな塗り直しが絶対になります。

今は飲む日焼け止めという便利なアイテムもある

それとおすすめしたいのが、飲む日焼け止めです。飲むだけでUV対策できるのですからとてもらくちんです。

飲んで体の内側から、そして日焼け止めで体の外側からケアをすることで、大きな効果を得られるはずです。

飲むタイプは通販などで簡単に購入できるので、試してみるといいでしょう。

やはりサングラスは外せない定番の日焼け対策アイテム

意外と忘れがちですが、ぜひ実践してもらいたいのがサングラスです。

顔は日焼け止めを塗って化粧しているから大丈夫とおっしゃるかもしれません。

確かに肌はそれでいいですが、目を忘れていませんか?瞳は黒いですから、そのままでは大変危険です。

もちろん、太陽を直視することはないでしょうが、瞳もしっかりとしたUV対策が必要です。

UVカットできるコンタクトを使用している方も多いかもしれませんが、ハワイの日差しは強いので、できればその上からさらにUVカット機能のあるサングラスの使用をおすすめします。

サングラスは黒いからカットするのではありません。UV対策用のものでないと逆効果の可能性もあるので、使用する場合はUV対策用のものを選びましょう。

対策をしないですっかり焼けてしまったなんてことにならないように、ハワイ旅行をするならこういった日焼け対策を怠らないことです。

 

いかがでしたでしょうか?

せっかくハワイに来たんだから太陽を思いっきり浴びたいという気持ちもあるものの、後からシミなどで後悔はしたくないという、微妙な気持ちは誰にでもあると思います。

ですので、より効果的な紫外線対策を行って、日焼けを気にせず存分にハワイの太陽の下を歩きたいものですね。

ハワイで化粧品を買うならここがおすすめ

日本人に人気が高いハワイですが、実はコスメ天国っていうことを知っていましたか?

今回は、そんなハワイで化粧品を買うならここがいいという場所を紹介します。

まずはロイヤルハワイアンセンターをチェック!

オーガニックコスメは肌に優しいと日本でも人気を集めていますが、ハワイでも同様に人気で色々な場所で手軽に買えるコスメとなっています。

オーガニックコスメでアクセスもよく品揃えも豊富とされているのが、ロイヤルハワイアンセンター内にあるアイランド・ヴィンテージ・オーガニック&ナチュラルです。

ここはオーガニックの専門店で、メイドインハワイの化粧品を専門に取り扱っていて主要なブランドが揃っていると評判です。

場所もワイキキの中心にあるので観光客に特に人気のお店となっています。

ホールフーズマーケットはスーパーなのに品揃えがすごい

もっとブランドの種類が多い方がいいという人には、ホールフーズマーケットがお勧めです。

ここはワイキキからバスで20分から30分と少し時間をかけていく場所にはなりますが、オーガニックやナチュラル専門の有名なスーパーでオーガニックの化粧品の種類の豊富さなら負けていません。

スーパーなのでレアなブランドも取り扱っているため探しているコスメブランドが見つかること間違いなしです。

知る人ぞ知るベルヴィーは立地も良いので一度は寄るべし!

言葉に少々不安がある人には、日本語を話せるスタッフがいるベルヴィーがお勧めです。

ここはワイキキショッピングプラザ内にある店舗でハワイや欧米などで注目されているコスメをセレクトして販売しています。

店員さんも知識が豊富なのでどんな商品なのか日本語で説明してくれるので言葉の壁を気にすることなく選ぶことができます。

日本未発売の物や美容業界が注目しているような商品を取り扱っているのが、ベルヴィーと同じワイキキショッピングプラザ内にあるネオ・プラザです。

オーガニックコスメの定番ブランドも数多く取り扱っているので定番商品を求めている人にはお勧めの店です。

ワイキキショッピングプラザに行くのならば絶対にベルヴィーとネオ・プラザの2店舗どちらもを訪れてみることをお勧めします。

いかがでしたでしょうか?

ハワイのショッピングセンターといえばアラモアナを思い浮かべる方も多いと思いますが、コスメ系は様々な場所におすすめの店舗が存在しています。

為替レートにもよりますが、日本で買うよりかなりお得に購入できるアイテムもありますので、ぜひお気に入りの化粧品をゲットしてくださいね。