ハワイに行くなら日焼け対策は必須

ハワイに行くなら、日焼け対策は万全にしないといけません。

日焼けはシミやそばかすの原因となるだけでなく、実はしわやたるみの原因となるとも言われているからです。

必須の日焼け止めを選ぶ際の基準は?

まず絶対に欠かせないのが日焼け止めです。真夏のハワイともなるとウォータープルーフでSPFが50以上のものを選びましょう。

ウォータープルーフだからといって安心するのはいけません。

汗をかいて流れ落ちることもあるので、汗をかいたらこまめに塗りなおすことです。

気になる人はアームカバーや帽子も忘れずに

また屋外に出る時は帽子やアームカバー、サングラスなども使いたいところです。

ただ、せっかくハワイに来たのだから、薄着で楽しみたいという場合、アームカバーは使えません。そうなるとやはり日焼け止めのこまめな塗り直しが絶対になります。

今は飲む日焼け止めという便利なアイテムもある

それとおすすめしたいのが、飲む日焼け止めです。飲むだけでUV対策できるのですからとてもらくちんです。

飲んで体の内側から、そして日焼け止めで体の外側からケアをすることで、大きな効果を得られるはずです。

飲むタイプは通販などで簡単に購入できるので、試してみるといいでしょう。

やはりサングラスは外せない定番の日焼け対策アイテム

意外と忘れがちですが、ぜひ実践してもらいたいのがサングラスです。

顔は日焼け止めを塗って化粧しているから大丈夫とおっしゃるかもしれません。

確かに肌はそれでいいですが、目を忘れていませんか?瞳は黒いですから、そのままでは大変危険です。

もちろん、太陽を直視することはないでしょうが、瞳もしっかりとしたUV対策が必要です。

UVカットできるコンタクトを使用している方も多いかもしれませんが、ハワイの日差しは強いので、できればその上からさらにUVカット機能のあるサングラスの使用をおすすめします。

サングラスは黒いからカットするのではありません。UV対策用のものでないと逆効果の可能性もあるので、使用する場合はUV対策用のものを選びましょう。

対策をしないですっかり焼けてしまったなんてことにならないように、ハワイ旅行をするならこういった日焼け対策を怠らないことです。

 

いかがでしたでしょうか?

せっかくハワイに来たんだから太陽を思いっきり浴びたいという気持ちもあるものの、後からシミなどで後悔はしたくないという、微妙な気持ちは誰にでもあると思います。

ですので、より効果的な紫外線対策を行って、日焼けを気にせず存分にハワイの太陽の下を歩きたいものですね。