脱毛サロンに通っている間は日焼けNGって本当?

日焼けした肌は脱毛NGの理由

脱毛サロンで施術をする人が増えていますが、施術が断られるケースがいくつかあることを知っておきましょう。

その一つが、日焼けです。

日焼けをしていると脱毛サロンで施術を受けれない理由

脱毛サロンで主流となっている光脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を使用しています。

その光を照射することによって、皮膚の中にあるメラニン色素の多い毛や毛根にダメージを与え、脱毛効果を得る仕組みになっています。

ですから、日焼けをしている肌も黒いものと反応してしまい、やけどのリスクが高まってしまうのです。

やけどを避けるためには、出力を低くする必要があります。出力を低くすれば、脱毛効果も低くなってしまいます。

つまり、施術する意味が薄くなってしまうのです。また、肌が乾燥していることで、痛みを強く感じやすくなります。

施術を受けている間も日焼けは基本的にNG

そして、施術をした後も日焼けを避ける必要があります。肌が乾燥していると、照射パワーが毛穴の奥まで届かなくなり、効果が半減してしまいます。

また、日焼けは軽いやけどをしているようなものなので、とても敏感な状態です。敏感な肌に光を照射することで、肌状態を悪化させてしまう可能性があります。

ディオーネなら、日焼けした肌でも脱毛の施術を受けれる!?

このように、日焼けをした肌では施術を断られることが多いのですが、脱毛サロンのひとつ、ディオーネの場合は、日焼けした肌でも施術が可能となっています。

その理由は、ディオーネで採用されている方法が、黒い色素に反応させて効果を得る仕組みではないからです。

ディオーネのハイパースキン脱毛の仕組みは、毛の種を消滅させて発毛そのものを予防するものです。熱を持たせて毛根にダメージを与える方法ではないので、痛みも少なくなります。

これによりディオーネでは、肌ダメージもなく、痛くない、敏感肌の人でも、子どもでもできる脱毛施術を実現しています。

ただ、ディオーネでも、日焼けの直後は肌ダメージが大きいので、施術するのは避けたほうがよいと促しています。

施術中は、できるだけ日焼け対策をしておくことが望ましいといえます。